大人ニキビのスキンケア


ニキビにはできる時期によって思春期ニキビと大人ニキビがあります。大人ニキビは思春期ニキビとできてしまう原因が異なります。思春期ニキビは過剰な皮脂によって出現し、ていねいな洗顔を行なっていると消失することが多いです。大人ニキビの場合は、思春期ニキビの過剰な皮脂とは反対に、皮膚の乾燥と肌サイクル(ターンオーバー)に狂いが生じ、古い角質が毛穴に詰まってしまうことで出現します。ターンオーバーの狂いの対策は別のページで解説していますが、ここではまず、皮膚の乾燥対策に関する情報を提供します。

スキンケアとしてできることは、洗顔と保湿です。使用する洗顔料から注意が必要で、油分が配合されているものや、合成界面活性剤が配合されている商品は避けましょう。望ましいのはぬるま湯で洗顔を行なうことです。汚れを落とそうと力を入れて洗うと大人ニキビに刺激を加えることになるため、やさしくていねいに洗い上げることが大切です。

洗顔後に使用するタオルでゴシゴシ顔を拭くのもよくありません。タオルを顔に当てて水分をタオルに吸い込ませるようにしましょう。次に保湿ですが、吸水力を高めるスキンケア用品を使用したあとに、保湿力に優れている化粧水を使用、乳液でしっかりと蓋をして大人ニキビの予防改善を行って下さい。乾燥肌対策は以上ですが、前述したように別のページではターンオーバーの正常化に役立つスキンケア法などを紹介しています。大人ニキビを予防改善したいと思っている人はぜひ参考にしてください。